広島大学、カンボジア健康科学大学、カンボジア保健省、WHO、CDCの国際研究プロジェクト B型肝炎ウイルス(HBV)の母子感染防止を目指す大規模な血清疫学調査をカンボジアでスタートしました。

2017 年3 月から、カンボジア健康科学大学、カンボジア保健省、WHO、CDC の国際共同研究プロジェクトと共同 で大規模な血清疫学調査に着手し、カンボジア全土で小児と母親のHBV 感染状況調査を開始しました。
この調査では、カンボジア全国の地域・村から一定の手順に従って5 歳以上の小児とその母親2,520 組をランダムに選び、HBs 抗原検査のほか質問票調査などを実施し、主な感染ルートの一つである母子感 染の実態を解明します。
WHO は2030 年までに、世界で4 億人が感染していると推計されるウイルス肝炎の撲滅を目標に掲 げ、各国で取り組みが行われています。カンボジアで全国的なHBV の母子感染調査が行われるのは初めてで、大規模疫学調査によって実効性のある感染防止対策の実施が期待されています。
 田中純子教授がこのプロジェクトの研究リーダーを務めています。

プレスリリース情報はこちらをご覧ください。

開発途上国における大規模血清疫学調査の国際共同研究-小児及び母親におけるB型肝炎ウイルス感染状況の把握-のご支援について

 このたび、WHO(WPRO)、カンボジア保健省、カンボジア健康科学大学、広島大学肝炎肝癌対策プロジェクト研究センターとの協力による国際共同研究を行うことになりました。

 WHO(世界保健機構)は、Viral hepatitis(ウイルス性肝炎)のelimination(排除)を2030年までに目指すことを目標として掲げ、2016年5月の本会議において採択しました。C型肝炎ウイルスに対する効果的な治療の開発と普及が後押しとなり、さらに世界中で肝炎・肝がん対策が進められることが期待されます。

 肝炎肝がん対策を実施するには、まず感染している人の割合を知ること、治療対象である感染している人を拾い上げることが重要です。しかし、発展途上国においては、標準的な方法により疫学調査を行うことが、なかなか難しい状況にあります。そこで、今回カンボジア全土における小児および母親を対象とした血清疫学調査、特にHBV感染に焦点を当てた調査を行う運びとなりました。この調査研究は、研究上重要であるだけでなく日本の国際貢献のひとつになると考えます。 本趣意をご高覧いただき、調査研究助成にご賛同いただきますようお願い申し上げます。

 お問い合わせは事務局または下記までお願い申し上げます。

>> 広島大学 寄附のご案内

日本肝炎デーの普及啓発活動を行いました。

 7月28日は日本肝炎デーです。

 世界保健機関(WHO)は2010年、世界レベルでのウイルス性肝炎の蔓延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消や感染防止の推進を図る目的で7月28日を世界肝炎デーと定め、肝炎に関する啓発活動などの実施を提唱しました。そこで我が国でも、7月28日を日本肝炎デーと定め、毎年この日を含む月曜日から日曜日までの一週間を「肝臓週間」とし、肝炎に関する集中的な普及啓発を行うこととしています。

今年度は、東広島にてパンフレット及びポケットティッシュを配布し,肝炎ウイルス検査の受検勧奨を行いました。

・肝炎ウイルス検査受検勧奨のチラシ及びポケットティッシュ配布
 フジグラン東広島(東広島市西条町御薗宇4405番地)

◆のぼり旗      ◆パンフレット、ポケットティッシュ  HP用のぼり 20150725_150924

・肝炎ウイルス検査
 東広島市御薗宇地域センター(東広島市西条町御薗宇7200番地)
 費用:無料
 対象者:広島県に住民票がある方(ただし,広島市,呉市,福山市を除く)ですでに肝炎ウイルス検査を受検したことがない方,受検機会がない方
 定員:200名(150名は事前申込、50名は当日先着順)